SNSに疲れました

現代のインターネットの利便性は誰もが認めるところでしょう。
もはや、インターネットの存在なしに生活することは不可能といえるかもしれません。
そして、インターネットは人と人のコミュニケーションの方法も大きく変化させました。
ネット以前の一般的なコミュニケーションといえば、実際に会ったり手紙を送ったり電話で話をするというものしかなかったものです。
しかし、ネットはメールを生み出しチャットを作り、今やさまざまなSNSの方法により多くの人々と交わることが可能となっています。
SNSは自分の周りの人だけでなく、遠く離れた見ず知らずの人とも交流ができるというこれまでにないコミュニケーションの手段として多くの人気を集めています。
これまで希薄といわれてきたネット上の人間関係を密なものにしたという点において、SNSの役割は大きなものがあるでしょう。
ところが、そんなSNSのコミュニケーションがさまざまな弊害を生み出してもいるのです。
そのひとつが、「SNSシンドローム」なのです。
PCや携帯電話、スマホなどで常にタイムラインを確認していないと不安に襲われるという人は少なくありません。
友達からのメールやメッセージをしっかりチェックして、すぐに返信しなければ仲間外れにされてしまうというケースは中高生や若者の間では日常茶飯事です。
仲間からの連絡を待って食事中や風呂に入るときまで、一日中スマホなどを手放すことができないという事態も多数問題となっています。
いろいろな人と繋がることを楽しみにSNSを始めたのに、今ではSNSでのコミュニケーションに疲れ果てているという人も少なくないのではないでしょうか。
それでも皆、他人と「繋がる」ために、SNSをやめることができないのです。

オフ会を楽しもう

SNSはネット時代の新しいコミュニケーションツールとして、多くの人が利用しています。
当初は利用にあたって実名での登録が強制されていたり、メンバーの紹介がなければ登録できないといった閉鎖的な点などから、日本人向けではない、ネット住民だけのオタク的なサービスといったネガティブな意見も多かったものです。
しかし、匿名での登録が可能となったり個人の特定をできないようなシステムに変更されたこともあり、今やたくさんの人が楽しんでいる状況です。
SNSはネット上のみに留まらず、今では「オフ会」といったネットを離れた集まりも盛んに行なわれています。
また、昔のオフ会は趣味性が強く、同じ趣味・嗜好の人たち以外にはちょっと近寄りがたい雰囲気がありましたが、現在のオフ会は気が合うもの同士のちょっとした集まりといった傾向にあるようです。
したがって、集まる人たちの範囲も広がり、より多くのさまざまな人たちとの交流が可能となっています。
オフ会は決して堅苦しい集まりではなく、「暇なら一緒に楽しもう」といったノリで開催されますし、また参加もできます。
ですから、出会い目的でSNSを利用している人にとっても絶好の機会となります。
軽いノリで「今度オフ会しませんか」と持ち掛けてみると、案外簡単に決まるものです。
実際に顔を合わせてみれば、SNSだけでやり取りをしているだけより親しくなるきっかけも増えることでしょう。
ただし、張り切りすぎや下心ミエミエには注意しましょう。
SNSには異性との出会いを目的に考えていない人もたくさんいます。
その場を盛り上げるだけでなく、「女目当てでやってるんじゃないの?」などと思われたなら最悪です。

コミュニケーションの手段

人と人のコミュニケーション手段として、SNSは多くの人に利用されています。
それだけたくさんの人がいろいろな人との出会いを求めているのでしょう。
SNSで友達を作ったり、恋人と出会うといったケースは一般的であるといってもいいのが現状です。
結婚のキッカケがSNSでの出会いだったというカップルは、特に珍しいものではないのですから。
今や、出会いのひとつの手段がSNSであったという考え方が普通のものになりつつあります。
したがって、異性と出会うことを目的にSNSを利用する人も決して少なくないのです。
その手段として存在するのが3つの方法です。
そのひとつが、コミュニティページにおいて会話のやり取りを楽しむというもの。
もうひとつが、タイムラインに沿ってSNS内でやり取りをする方法です。
そして最後に、SNSの機能であるダイレクトメッセージでやり取りを楽しむというものがあります。
どれを選択するかはその人それぞれですが、相手との親密度によって利用するサービスを使い分けたほうがいいでしょう。
友達申請やフォロー申請をした直後やあまり親しくやり取りをしてもいないのにダイレクトメッセージを送っては、相手を引かせてしまう可能性が大きいかもしれません。
まずは、タイムラインに沿ったSNS内でのやり取りで、日常会話や世間話のような話題から始めるのがいいでしょう。
そんなやり取りを重ねているうちに、何となく親しくなってきたなと感じるかもしれません。
そうなってくると、SNS内だけでなく直アドでメールのやり取りをしたくなってくるのは当然でしょう。
しかし、そこで直アドを聞き出そうと無理強いをしてしまったりすると、これまで築き上げてきた関係が一気に崩壊してしまう可能性もあるので要注意です。
関係を上手く保っていくためには、決して焦らない、そして強制しない、この点が重要なのです。

こんな気遣いも必要です

SNSは新しい出会いを提供してくれる有効な場所です。
ちょっとしたアプローチでもすぐに仲良くなれたり、きっかけさえあれば友達になるのは難しくありません。
しかし、誰でも簡単にというわけではありません。
自分を上手くアピールできない人や引っ込み思案な人、まためんどくさがり屋の人もやり取りが続かないという点で上手くいきません。
仲良くなるならフランクにいったほうがいいとばかりに、始めから馴れ馴れしい態度で接するとウザがられることでしょう。
何事も程度やタイミングが必要なのです。
現在のSNSにおいて友達を作るには、友達申請やフォローといった機能を使います。
機能といっても単にそのボタンを押すだけですから簡単です。
簡単にできるから容易に申請したくなりますが、そこでちょっと気を遣うか遣わないかでのちのちの関係に影響を与えることもあるのです。
その気を遣うというのは、たとえば「こんにちは」とか「それいいですね」といった簡単な一言を添えるという点なのです。
そういった一言がないフォローはブロックされたり、最悪のケーススパムと判断されて運営側に報告されることもあるかもしれません。
一言を添えてもプロフィールに「コメなしフォローは承認しません」とか「相互フォロー目的の人はお断り」といったコメントのある場合はブロックされる可能性があるので事前にチェックしましょう。
SNSでは見ず知らずの人たちとの交流が主流となるからこそ、最低限のルールやマナーを守る必要があることを認識しなければなりません。

さまざまなSNSサービス

SNSはネット上のコミュニケーションの手段として今や多くの人々が利用しています。
このSNSサービスを提供するのは以前は日本では一箇所だけでしたが、その後海外から全世界的大手SNSが進出して選択肢は広がりました。
今では、乱立状態といってもいいほど多くのSNSサービスが繰り広げられています。
SNSとは、Social Networking Serviceの略称で、人と人の繋がりをサポートするコミュニティ型のWebサイトをいいます。
以前のSNSサイトというと、コミュニティに特化したりゲームを主体にしたものが主でしたが、最近ではチャット形式などでタイムラインに沿ったコミュニケーションを取るものが主流となっています。
趣味や嗜好、住んでいる地域や出身校といった共通の話題により人と人の繋がりを重視するため、最初は既存の参加者からの招待がないと参加できないサービスも多かったのですが、最近では誰でも自由に参加できるサービスが多くなっています。
つまり、SNSサービスという集会場に同好の士が集まり、交流を楽しむというかたちなのです。
世の中には、いろいろな趣味や嗜好、その他興味を持つ人たちが溢れています。
したがって、そんなさまざまな人たちの要望や希望に応え、SNSサービスもその内容やカテゴリーが多様化しているのが現状です。
SNSサービスの手軽な手段としてTwitterがありますが、これも文字だけでなく、写真や画像に重点を置いた発信ができるものもあります。
また、ブログとSNSの中間的な位置を占めるSNSサービスもあります。
今や、SNSはブログ、Twitterといった明確な境界線は見当たらず、自分がより発信しやすいアイテムを自由に利用できるようになっているのです。

上手くアプローチをする

異性との新しい出会いを求めて出会い系サイトを利用している人はたくさんいます。
その一方で、出会い系サイトが原因のさまざまな犯罪やトラブルがニュースを賑わしたりサクラや架空請求を送りつける悪質な業者の存在のせいで、多くの人が出会い系サイトの利用に二の足を踏んでいるのも事実です。
さらに厳しい規制などにより、出会い系サイトの「旨み」はだんだんと減ってきているようなのです。
そこで出会いのための新しいコンテンツとして、SNSがもてはやされています。
SNSというとネガティブな問題や事件などを思い浮かべる人も少なくないかもしれません。
しかし、そんな犯罪の温床であったSNSは今はなく、現在主流となっているのはさまざまな人との交流を目的としたサービスなのです。
したがって昔のSNSを知らない今の若者にとっては、知らない人たちとも繋がることのできる有効なコミュニケーションアイテムがSNSなのです。
そんなポジティブなイメージしかないSNSを、出会い系サイトに替わる出会いのアイテムとして利用している人も少なくありません。
とはいえSNS内においては、出会い系サイトのように「今度会いましょう」などと気軽に誘える雰囲気ではないでしょう。
ではどのようにアプローチするかというと、プロフィールにブログやホームページのリンクを貼ったりするのはひとつの方法です。
またブログとSNSをリンクさせ、ブログを更新すると自動的にSNSにその通知がされるようにシステムしておくといいでしょう。
SNSだけでなく、ブログやホームページなど複数のコンテンツで複合的で効果的なアピールが可能となるに違いありません。
それらを見てあなたに興味を持った人から、アプローチがきっとあるはずですよ。
サブコンテンツ

このページの先頭へ